アロマセラピー サロンの開業

サロンを開業にするにあたってのポイントです。PP24_A06.JPG
(資格・実務経験は?)
資格が必須な仕事ではないですが、アロマセラピーの技術意外に深い知識をもとにしたサービスができるよう、専門学校や各種団体でなどで資格を取得することが望ましいと思います。また、当然ながら実務経験も必要かと思います。金融機関等で資金を借りる場合も実務経験があることが望ましいです。

(会社をつくるか?)
最初から支店を作り、最初から多数雇ってという大規模展開を考えているのでなければ、会社ではなく、個人事業主形態でいいでしょう。会社をつくるのとちがって、税務署と都税事務所に開業届出すだけなので、お金はかかりません。手続きは、こちらをクリック!

(開業資金は?)
大きく分けて、施術用備品(イス、ベット、その他備品など)、施術用資材(アロマオイルなど)、に加え、ホームページ(一般的には20万円以上)、チラシ、DM、などの広告宣伝費、そして不動産賃貸のための費用、内装費用でしょう。リラックスできる環境など雰囲気づくりにお金がかかります。さらに、当面の運転資金(家賃など毎月支出する経費)が必要になります、通常3ヵ月~6ヵ月、軌道に乗るまで長期間かかるようなら、さらに長い期間分。生活費は別に考えましょう。
自宅での開業の場合、不動産賃貸に係る費用は発生しませんが、やはり最低でも100万円以上は開業資金として用意するのがよいと思います。どれだけ資金が必要かは、しっかりと試算しておきましょう。