インタビュー

Q:小さな会社の税務顧問というサービスを行うきっかけはなんですか?

小さな会社の税務顧問とは、売上規模5,000万円未満の会社、開業間もない会社向けの税務顧問です。今後はこのような会社が増えていくと考えています。このような会社は、必ずしも大量又は特別に高度なサービスが必要なわけではないと思います。その分一段リーズナブルな価格設定をして、コスト負担を少なくし、税務顧問を利用しやすくしようと考えました。

Q:報酬を下げるために、専門家の関与度合いを少なくしているのですか?

会計事務所の原価を下げるために、専門家の関与度合いを少なくするのではなく、必要とされるサービスだけを提供し、無駄なサービスの提供を排除し低価格化をしています。それによってサービスの品質を保っています。

Q:正しい節税で企業力アップ!とはどういうことですか?

 節税は、単に目先の税金を減らすことだけのものと思われがちですが、そうではありません。正しい節税を実践していった場合、企業の資金力をアップし、収益力をアップし、内部統制を強化し、企業力をアップすることにつながります。また、正しい節税を意識した証拠書類の作成・保存により税務調査対策も万全なものになります。正しい節税とは、単に目先の税金を減らすことだけを考えるのではなく、企業にお金を残し、経営者にお金を残し、従業員にもお金を残すことを長期的な観点から考えるものです。

Q:弁護士事務所の支援を専門的に行っている会計事務所はないですが、弁護士支援を行おうと思った経緯を教えてください。

独立してからは、経理・税務はすべて自分でやらなければなりませんが、自分のことについては意外とわからないことも多く、またひとに聞きづらいということもあります。自分でもそうです。また、独立すれば、士業どうしでネットワークを構築する必要がありますが、弁護士の先生にはお世話になることも多いですし、いざというときのために安心でもあります。業務上の関係だけでなく、経理・税務面でご支援させていただく機会があればと思い、取り組んでいるものです。また、監査法人時代には、多くの弁護士の先生とご一緒させていただきましたし、監査法人自体の経理の内部監査、業績管理やリスク管理・品質管理という貴重な経験も活かせるのではないかと考えています。

Q:このホームページを見て御事務所にご連絡をしようと思っている方に一言ご挨拶をお願いします。

初回のご相談、お見積りなど無料でお受けいたします。また、お電話、メールでも迅速に連絡いたしますので、お気軽にお問合せください。きっと、よい出会いのひとつとなることをお約束いたします。