保育士の結婚

はじめに

結婚指輪

 

保育士として結婚を意識するとき・・

 

出会いはどうするの?
年齢はいつぐらいがいい?
結婚の具体的なタイミングは?
結婚後のキャリアは、どうしたらいい?

 

など頭の中を駆け巡る事があるかもしれません。結婚は、いづれは何処かで迎えるものですからね。

 

このページでは上記のテーマについて一つ一つ解説していますので、参考にしてみてください。

 

 

何かと時間に忙殺されがちな保育士だからこそ、結婚に対する意識やビジョンを持っておく事は必要なのでしょうね。


 


保育士の結婚問題

子育てと保育士

 

園によっても事情は違うでしょうが、基本的に保育士の仕事は時間に忙殺されがちな傾向があります。まず着任してから仕事に慣れるのに1・2年はかかるでしょうし、土曜保育や行事に伴う休日出勤もあります。

 

色々忙しすぎて結婚の事を考えたりする余裕が持てなくなってしまう事もあるのです。

 

保育士だけの事ではありませんが、結婚についてはそれを意識しビジョンを持っておく事が人生計画の中では大切となります。

 

保育士の出会いについて

ロマンチックに乾杯

 

保育士は女性が多い職場です。そんな中で保育士の出会い事情は、どうなっているのでしょうか?忙しすぎて仕事と家の往復だけになり、出会いが得られていないという人もいるかもしれませんが、それを解決できる出会い方法も載せていますので参考にしてください。

 

学生時代からのお付き合い

カフェでランチデート

 

学生時代からつき合っていた人と、自然に結ばれるというのは少なくありません。現在、保育系の学校に通っている場合は、男性がほとんどいないかもしれませんが、そんな時は他の学校との交流の場にも積極的に参加されてみるといいでしょう。

 

友人の紹介

初めまして

 

合コンも含めて友人の紹介というのも少なくありません。また友達の結婚式に出て、そこで異性と知り合うというパターンもある様ですね。友達づきあいと言うのは、喜びや悩みを分かち合ったり、時には結婚相手を紹介してもらえる事もあるものです。

 

婚活サイトの利用

婚活サイトのイメージ

 

環境的に周りに男性の存在が無いという人は、婚活サイトの利用がオススメです。ネットを通じた出会いでゴールインするカップルの数は、多くなっています。ネットでの出会いに不安を感じる人もいるかもしれませんが・・

 

ちゃんとした優良な婚活サイト

 

を使えば大丈夫です。そして保育士は・・

 

男性目線では人気のある職業です!

 

保育士は、お嫁さんにしたい職業として男性から人気があります。

 

婚活サイトの活動では基本的に男性が女性にアプローチする構図になるため、女性の方が男性よりもある種、優位性に勝るメリットもあります。また忙しすぎる人でも家にいながら、スペックなどちゃんとした人を見つける事もできます。

 

 

婚活サイトを使うっていうのは、今まであまり考えた事はなかったんだけど、いいかもしれないわね。私の知り合いでも、それで知り合って結婚までした友達もいるしね。


 

保育士の結婚に適した年齢

砂時計を持つ女性

 

保育士の資格は取得するのは大変ですが、困難を乗り越えて取得すれば長く使える価値あるものです。その事も踏まえながら解説して行きます。

 

24才~26才ぐらい

 

24才~26才ぐらいと言いますと、保育士になってから3年目ぐらいの時期かと思われます。3年立てば一通りの業務をこなせる様にもなり、一人前の状態になっている事でしょう。出産や結婚を機に仕事をどうするかの選択肢はケースバイケースですが、保育士として一人前の仕事をこなせる状態になっておく事がベストでしょう。

 

27才~29才ぐらい

 

27才~29才ぐらいと言いますと保育士になってから6~7年目の時期になり、経験的に中堅からベテランの領域に入ってくるものです。スキル的にもクラスを任されたりして、後輩の指導的立場にもなってくるものだと思われます。保育士としての力量も充実した30才前の年齢のこの時期と言うのは、一つの節目だと言えるでしょう。

 

最近では30代前半での結婚というパターンも増えている様です。特に都市部では、その傾向がある様ですね。都市部の場合は、より経済的な基盤を固めてからにしたいと言う意向もある様です。

 

結婚を申し出るタイミング

メトロノーム

 

年度の変わる時期や行事の前後などは、避けるといいでしょう。園側も当然忙しいですし、一度仕事を辞める場合には仕事の引き継ぎの問題もあるので、前もって園側と時期について話し合っておかなければなりません。

 

忙しい時期は避け園側に結婚の報告を申し出て、仕事を続けるか辞めるかで引き継ぎ問題は変わってきますが、いづれにしても園の運営に支障が生じない様に配慮してあげるといいでしょう。

 

 

結婚を機に辞める場合でも、いづれ復職する事だってあるかもしれないし、園と自分の双方にとって円満な形である様にしておく事は大事ですよね。


 

結婚後のキャリアについて

キャリア女性

 

保育士の結婚後のキャリアですが・・

 

仕事を続ける
退職して辞める
違う園に転職する(時短・パートを含めて)

 

のいづれかになって来ようかと思われます。

 

個々の事情のケースバイケースになるでしょうが、保育士の資格は生涯長く使える価値あるものです。出産や子育てを経て復職を考えた時でも、十分に需要はある事でしょう。結婚を機に仕事をどうするかは、家族や旦那さんと相談して、後悔の無い選択をされる様にしてください。


まとめ

髪をまとめる女子

 

保育士の結婚というテーマで記事を書いてきました。

 

保育士は男性から結婚したいと思われる人気の職業です。良い出会いに恵まれれば、いづれ結婚をする事になるでしょう。

 

結婚する年齢タイミングとしては、保育士になって3年目以降のタイミングが、保育士として一人前になって来ている筈なのでベターなのかと思われます。もし一旦仕事を離れても一人前のスキルを身につけておけば、自分にとって自信にもなる筈です。

 

 

保育士の仕事にも一通りは、慣れてきたところだし、希望としては20代のうちには結婚をしたいと思っているの。職場には男性がいないので、婚活サイトを試してみようと思っています。


 

おまけ

おまけ

 

都市部では結婚年齢が30代になる傾向もある様ですが、おまけとして神奈川県専門の保育士転職エージェントである横浜保育ジョブを紹介しておきます。現状の職場環境を変えてみたいという意向をお持ちの人で、エリアが当てはまる人は参考にしてみてください。


page top